今人気の使い捨てコンタクトレンズの

価格を比較してみました。

※実店舗があるコンタクトショップのホームページを調べた価格を掲載しております。
(2019年1月28日現在)
愛媛県・松山市エリア
1Day type
松山市エリア
ワンデーアキュビューモイスト
ワンデーアキュビューモイスト
アイシティ松山店
初回割引
税抜1,794
(税込1,937円)
通常価格
税抜2,273
(税込2,454円)

※通常の30枚パック1箱価格より90枚パックの30枚換算価格が安い場合は、そちらの価格を優先して掲載しています。

松山市エリア
ワンデーアキュビュートゥルーアイ
ワンデーアキュビュートゥルーアイ
アイシティ松山店
初回割引
税抜2,327
(税込2,513円)
通常価格
税抜2,806
(税込3,030円)

※通常の30枚パック1箱価格より90枚パックの30枚換算価格が安い場合は、そちらの価格を優先して掲載しています。

Circle Lens
松山市エリア
ワンデーアキュビューディファインモイスト
ワンデーアキュビューディファインモイスト
アイシティ松山店
初回割引
税抜2,480
(税込2,678円)
通常価格
税抜2,959
(税込3,195円)

※通常の30枚パック1箱価格より90枚パックの30枚換算価格が安い場合は、そちらの価格を優先して掲載しています。

2Weeks type
松山市エリア
アキュビューオアシス
アキュビューオアシス
アイシティ松山店
初回割引
税抜1,980
(税込2,138円)
通常価格
税抜2,480
(税込2,678円)

コンタクトレンズ Q&A

下記URLをクリックしていただけると全てのQ&Aがご覧になれます。
Q1.コンタクトレンズによってつけ心地は、違いますか?
A1.ハードコンタクトレンズはやはり着け心地は悪いです。
ソフトコンタクトレンズはハードコンタクトレンズから比べると、柔らかく着け心地は良くなります。
ソフトコンタクトレンズの着け心地ですが、素材の柔らかさだけで決まるわけではありません。乾いたり汚れたりすると、装用感が悪くなってきます。ですので、やはり、トラブルが少ないレンズを選んでいただくのが良いと思います。
Q2.コンタクトレンズに慣れるまでに、どれくらいの日数がかかるの?
A2.ハードコンタクトレンズの場合、1週間とか1か月とかかかる場合もありますし、結局、慣れずに終わる場合もあります。
ソフトコンタクトレンズの場合(使い捨ては全てソフトコンタクトレンズです)、人にもよりますし、レンズにもよりますが、多くの場合、数日で慣れると思います。
Q3.一度外した1日使い捨てコンタクトレンズは再装用できる?
A3.できません。必ず新しいものをつけるようにしてください。
Q4.コンタクトレンズは何歳から大丈夫?
A4.コンタクトレンズは何歳からでも使用が可能です。治療が目的で0才の赤ちゃんに処方をする場合もあります。
しかし、通常はご自身でケアをしていただかなければいけないので、自分自身でケアができる年齢になったら処方が可能になります。
Q5.同じコンタクトレンズケースをずっと使い続けてもOK?
A5.ソフトコンタクトレンズの場合、コンタクトレンズケースにカビや細菌が繁殖する場合があります。ケア用品を買うとケースも付いてきますので、その度ごとに交換するようにしてください。
各店口コミ・体験談
アイシティ松山店
● 接客
午前(日曜)
丁寧な接客と感じました。
● 所要時間
90分(日曜)
待ち時間が長かったです。行くなら平日が良いかも。
● 診察
1010円(初診)
診察は特に何もなく終了しました。
松山市コンタクトレンズ情報
松山市エリアにあるコンタクトレンズショップを紹介します。
全国チェーンのコンタクトのアイシティ松山店は愛媛県松山市の中心部、銀天街の中にあります。営業時間は、10:30~19:00。年就無休でコンタクトレンズの受付時間は平日午前0:30~12:30、午後14:00~18:30です、土曜は10:30~18:30、日祝は10:30~17:30になっています。併設眼科もあるようですが、全国どちらの眼科のコンタクトレンズ処方せん(指示書など)も受けることが可能のようです。
松山市のコンタクトレンズ専門ショップ「タカオカコンタクト」は大街道駅より徒歩30秒になります。
四国コンタクトレンズセンターは、松山市・大街道駅から徒歩3分。定休日は水曜日です。
高松市ではないですが、コンタクトレンズ専門チェーンの中央コンタクトは、愛媛県に3店舗あります。今治市にある「中央コンタクトイオンモール今治新都市店」、 伊予郡にある「フラワーコンタクトエミフルMASAKI店」、 新居浜市にある中央コンタクトイオンモール新居浜店です。
松山市エリア情報
松山市は愛媛県の中部に位置し県庁所在地です。人口は、51万人を超え四国最大の都市です。
松山城を中心に発展して来た旧城下町で、道後温泉などの温泉地で有名で、俳人正岡子規や文豪夏目漱石ゆかりの地でもあり、小説『坊っちゃん』など文学の街としても有名です。