今人気の使い捨てコンタクトレンズの

価格を比較してみました。

※実店舗があるコンタクトショップのホームページを調べた価格を掲載しております。
(2019年1月28日現在)
愛媛県・松山市エリア
1Day type
松山市エリア
ワンデーアキュビューモイスト
ワンデーアキュビューモイスト
アイシティ松山店
初回割引
税抜1,794
(税込1,937円)
通常価格
税抜2,273
(税込2,454円)

※通常の30枚パック1箱価格より90枚パックの30枚換算価格が安い場合は、そちらの価格を優先して掲載しています。

松山市エリア
ワンデーアキュビュートゥルーアイ
ワンデーアキュビュートゥルーアイ
アイシティ松山店
初回割引
税抜2,327
(税込2,513円)
通常価格
税抜2,806
(税込3,030円)

※通常の30枚パック1箱価格より90枚パックの30枚換算価格が安い場合は、そちらの価格を優先して掲載しています。

Circle Lens
松山市エリア
ワンデーアキュビューディファインモイスト
ワンデーアキュビューディファインモイスト
アイシティ松山店
初回割引
税抜2,480
(税込2,678円)
通常価格
税抜2,959
(税込3,195円)

※通常の30枚パック1箱価格より90枚パックの30枚換算価格が安い場合は、そちらの価格を優先して掲載しています。

2Weeks type
松山市エリア
アキュビューオアシス
アキュビューオアシス
アイシティ松山店
初回割引
税抜1,980
(税込2,138円)
通常価格
税抜2,480
(税込2,678円)

コンタクトレンズ Q&A

下記URLをクリックしていただけると全てのQ&Aがご覧になれます。
Q1.コンタクトレンズの正しい保管方法は?
A1.直射日光が当たらない場所に保管してください。常温で結構です。
Q2.酸素の透過性って重要なんですか?
A2.角膜(黒目の表面)にとって酸素は不可欠です。酸素が不足すると角膜の中の内皮細胞が死にますが、それが再生することはありません。
ですので、コンタクトレンズが酸素を通すことは非常に重要です。それが一番重要なことです。
Q3.コンタクトレンズをつけてると近くが見えずらいです。どうしたら良いの?
A3.もし、40歳前後以前の方でしたら、コンタクトレンズの度数が強すぎる場合があります。眼科にかかって調べてもらうようにしてください。
40歳以降の方ですと、老眼の影響が考えられます。これまた眼科で相談していただくのが一番ですが、
・コンタクトレンズの度数を弱くするか(ただし、遠くが見えにくくなります)
・コンタクトレンズの度数はそのままで、近くをご覧になる際に老眼鏡をかけるか
というような対処方法があります。
Q4.ソフトコンタクトレンズのケア用品って結局どれが一番いいの?
A4.殺菌効果を考えると、過酸化水素水系のケア用品が良いですが、汚れ落としなどを考えると、別の選択肢もあると思います。何よりも、そのケア用品の正しいケア方法を守るということが重要です。
Q5.コンタクトレンズがどこで買ったらいいの?
A5.眼科で出してもらった処方箋に基づいて併設の店舗で処方してもらうのが一番良いのではないかと思います。
そのほうがアフターサービスなども対応してもらいやすいでしょう。
各店口コミ・体験談
アイシティ松山店
● 接客
午前(日曜)
丁寧な接客と感じました。
● 所要時間
90分(日曜)
待ち時間が長かったです。行くなら平日が良いかも。
● 診察
1010円(初診)
診察は特に何もなく終了しました。
松山市コンタクトレンズ情報
松山市エリアにあるコンタクトレンズショップを紹介します。
全国チェーンのコンタクトのアイシティ松山店は愛媛県松山市の中心部、銀天街の中にあります。営業時間は、10:30~19:00。年就無休でコンタクトレンズの受付時間は平日午前0:30~12:30、午後14:00~18:30です、土曜は10:30~18:30、日祝は10:30~17:30になっています。併設眼科もあるようですが、全国どちらの眼科のコンタクトレンズ処方せん(指示書など)も受けることが可能のようです。
松山市のコンタクトレンズ専門ショップ「タカオカコンタクト」は大街道駅より徒歩30秒になります。
四国コンタクトレンズセンターは、松山市・大街道駅から徒歩3分。定休日は水曜日です。
高松市ではないですが、コンタクトレンズ専門チェーンの中央コンタクトは、愛媛県に3店舗あります。今治市にある「中央コンタクトイオンモール今治新都市店」、 伊予郡にある「フラワーコンタクトエミフルMASAKI店」、 新居浜市にある中央コンタクトイオンモール新居浜店です。
松山市エリア情報
松山市は愛媛県の中部に位置し県庁所在地です。人口は、51万人を超え四国最大の都市です。
松山城を中心に発展して来た旧城下町で、道後温泉などの温泉地で有名で、俳人正岡子規や文豪夏目漱石ゆかりの地でもあり、小説『坊っちゃん』など文学の街としても有名です。